お知らせ

POs-CaF(ポスカ・エフ)歯科医院専売ガムの取り扱い始めました。

『POs-CaF(ポスカ・エフ)』は歯科医院でしか取り扱っていない歯科専売のガムになります。

1袋 100g入り ¥990円(税込み) 味はミント、ストロベリー、マスカットの3種類あります。

 

まず、『POs-CaF(ポスカ・エフ)』の説明の前に、皆さんはガムを噛むことで得られる効果についてご存知でしょうか?

 

ガムを噛むことで以下の効果があります。

 

①唾液の分泌を促進する(唾液の質も変える)

 

1ミリリットルの唾液がお口の中の細菌を90億個も取り除けると言われるくらい唾液の量は全身の健康を担います。

 

②再石灰化が促進される

普段私たちのお口はph7という中性に保たれています。

しかし、食べ物を食べたり飲み物を飲むことで酸性に傾きます。酸性に傾くと歯の表面が溶け出して虫歯になりやすい環境ができてしまいます。

ですが、唾液の働きにより、元の中性に戻してくれ、歯が溶け続けるのを防いでくれます。

 

ガムを噛むことによってこの唾液の重要な働きを手助けしてくれ、虫歯になりやすい時間を短くできるということになります。

 

また、何かしながらだらだら食べ飲みをする人がむし歯になりやすかったり、子供におやつの時間を決めなさいというのもこの働きが影響されています。

 

③口臭予防

 

唾液が減少して口の中が乾燥すると細菌が増殖するため、口臭の原因になると言われています。

 

④脳が活性化され集中量が高まる

 

ある実験では、「一日ガムを噛みながら仕事をすることで、仕事上のストレスや疲労感がうすれ、不注意・仕事の遅れや認知上の問題(勘違い)も減少する」という結果が出ているそうです。

 

⑤ダイエット効果

 

脳内ホルモンのヒスタミンの分泌が促され、満腹中枢を刺激します。食事量を無理なく減らすことができますし、噛む動作により顔の筋肉、特に口の周りの筋肉が鍛えられ、シワやたるみを予防する美容効果も期待できます♪

 

 

では、次にガムの中でもなぜ『POs-CaF(ポスカ・エフ)』を噛むことを当院はおすすめしているのかについてお伝えします。

 

ポスカの正式名称はリン酸化オリゴ糖カルシウムと言います。

 

リン酸化オリゴ糖カルシウがお口の中に入るとむし歯の原因となるミュータンス菌が砂糖と間違えて取り込むがリン酸化オリゴ糖カルシウムは砂糖とは違い、『酸』という歯を溶かす成分を出せないので歯の表面を溶かす脱灰が起きません。

さらに、ミュータンス菌がリン酸化オリゴ糖カルシウムを摂取することで活性が弱まり、普通の糖質からも酸を産生しにくくなるので、むし歯の原因菌にまでアプローチができます。

 

また、ポスカは北海道のジャガイモから取ったカルシウム素材が唾液に溶けやすく、溶けやすいからこそ、お口の中の歯全体にカルシウムを行き渡されるこのが可能なのです。

 

では、次にこの『POs-CaF(ポスカ・エフ)』は歯科専売とお伝えしましたが、『POs-CaF(ポスカ・エフ)』と市販のガムとの違いについてお伝えします。

 

  • 天然素材のみの甘味料の使用

 

『POs-CaF(ポスカ・エフ)』は全て天然素材の甘味料なのでむし歯を作りません。市販のガムは、キシリトール入りと記載していてもキシリトール以外の糖質が含まれていることが多くあり、むし歯対策にはおすすめしません…。

 

②歯にくっつきにくい

 

歯にくっつきにくいガムベースが使用されているため、銀歯など詰め物が多い方でも安心して食べることができます。

 

③市販の物より弾力があり、噛む力を鍛える

 

【こんな方には『POs-CaF(ポスカ・エフ)』オススメ】

 

❤︎人より歯磨きを頑張ってるつもりなのにむし歯になりやすい

⇨元の細菌数が多かったり、唾液の量が少ないことからむし歯リスクが高い可能性があります。

 

❤︎普段から何か口の中に入れとかないと落ち着かない、間食が多い

⇨口が寂しいが故の間食はできる限りガムに置き換えてみるのがおすすめです。

 

❤︎お口が乾きやすい

 

❤︎口臭を気にしている

 

❤︎妊婦さんや小さいお子さんのいる方

⇨お母さん、お父さんのお口の中の細菌数は唾液感染によって子供に移るので、子供がむし歯になりにくい子に育てるためにもむし歯菌にアプローチできる『POs-CaF(ポスカ・エフ)』はおすすめです。

受付にて販売しています。ご興味をお持ちの方は是非お試し下さい。

 

ページトップへ